偶然の出会いからの始まり

偶然の出会い私は、当時凄く好きな人と離れる事になり、普通に

仕事はこなしていても内心はその彼の事で立ち直れていませんでした。

その彼の事を少しでも考えないように、ジムへ行ったり、友達と飲みに行ったりと時間を埋めるように過ごし、新しい出会いを求めるような事はしていませんでした。

そんな時、ジムウェアを買いに行こうと仕事帰りにスポーツショップへ立ち寄りました。
そこで、偶然の出会いをしたのです。
地元が同じで小学校も中学校も同じだった同級生、しかも中学校3年生の終わり頃から1年間程付き合っていた彼が働いていたのです。付き合っていたといってもその年頃なので可愛いものでしたが。

その時彼は、棚の荷物の整理をしていたのですがすぐに分かり、思わず○○君と言ってしまいました。彼も凄くびっくりしていました。
地元ならばあり得る事なのかもしれませんが、私達の地元は新潟、ここは東京でした。
6年振りの再会です。

彼はこんな偶然ないよ、仕事がもうすぐ終わるから待っててと言いました。その後、ご飯を食べながら話も弾み、不倫相手と出会う方法について考えていました。
それから、ご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったり頻繁に会うようになりました。
凄く好きだった彼の事も少しづつ考える時間が減っていった頃、彼から付き合おうと言われ付き合う事になりました。

そして、日に日に彼との時間が居心地のいい時間となり、偶然の出会いから最後は結婚となりました。
きっと、あの時彼に出会っていなければ、いつまでも凄く好きだった彼の事をずっとひきずっていたと思います。
出会いは誰とどこで何があるか分からないなと感じた出来事でした。あの時出会ったのが彼で良かったです。

ページ上部へ戻る